中山間地で鹿や猪を相手に行政書士をしています。暇つぶしペーパークラフトや限界集落での悲哀を綴ります。

私は、こうやって行政書士で成功した(い) (仮)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
ホワイト大晦日
 全国荒天のご他聞にもれず当地域も雪化粧である。今日は担当する第三セクターの社長の母上のお葬式だったのだが、大事をとって自宅参列とした。村八分でも火事と葬式には駆けつけるのが日本の慣わしだが、人情も地に落ちたものである。
 ある写真コンテストの締切りが今日であることを思い出し、有り合わせの写真で応募するか悩んだのだが、今日みたいな日に出してもすべると思い直して断念した。5万円の逸失利益である。これが来年の収支計画に影響しなければいいのだが。
中途半端な冬景色
スポンサーサイト
| カントリー生活 | 19:06 | トラックバック:0コメント:0
アキレス将軍暗殺事件 ボリス・アクーニン
 国民的英雄である将軍の暗殺事件を巡って、権謀術数渦巻くロシア政府と、狐目の日本人マサを下僕にしている我らがロシア人外交官の活躍を描いたもの。
 あとがきによるとこの将軍のモデルは実在したらしい。やはり物騒な国だ。主人公のファンドーレン八等外交官は日本在任中に忍術を会得した文武両道の青年で、下品で女遊びに余念のないマサとは好対照である。
 訳者が東大博士号を持ち、扉の推薦文を東大教授が書いているという大変立派な書物である。


テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

| カントリー生活 | 23:40 | トラックバック:0コメント:0
リヴァイアサン号殺人事件 ボリス・アクーニン
 リヴァイアサン号といえば、あの怪物映画を思い出すが、これは別物である。ロシア人の作者は日本に造詣が深くペンネームも悪人をもじったものだそうだ。
 本作は、19世紀末の豪華客船での殺人事件を扱っており、ロシア人の外交官が主人公だが、作中にも元武士が登場し、寡黙で言い訳をしない(欧米は「罪」の文化だが、日本は「恥」の文化なのだ)ゆえに犯人扱いされたりする。
 内容はユーモア小説のようで、特に謎解きを楽しむものではない。図書館で同シリーズの「アキレス将軍暗殺事件」も借りており、読もうか返そうか迷っているところである。

テーマ:読書 - ジャンル:小説・文学

| カントリー生活 | 23:31 | トラックバック:0コメント:0
電子入札再申請
 関与先の建設会社が電子入札をしたいといったので、半年前に手続きをしたのだが、まだソフトのインストールもしていなかったらしい。来月の入札を準備しようとしてソフトやICカードを探したが紛失したとのことであった。
 電子認証会社はすでに年末休みにはいっており、再交付手続きは来年になってからだが、どうも間に合いそうにない。
 せっかくの電子入札の機会を逸しそうだが、原因は写真にあるとおりである。
s-IMG_0851.jpg

テーマ:お仕事記録 - ジャンル:就職・お仕事

| 行政書士事務所開設プロセス | 23:24 | トラックバック:0コメント:0
新居ウイグル自治区
 最初の抱卵から2ヶ月経ち、稚エビも20匹以上になった。部屋が手狭なのか親エビの喧嘩が目立つようになった。水槽内はエビの自治に任せているのだが、ストレスで死んでもいけないのでそろそろ新居をと思い60センチの中型水槽の用意をした。水槽の名前はウイグルと名づけた。水槽は昔煮魚を作ったものを流用し、ヒーターとソイルは妻の友人から安く買い、あとは外部フィルターと水草である。中国製でなければいいのだが。
 外部フィルターはオークションで手に入れるつもりだが、考えてみると10年前に同じようなセットを買っており(確かCO2のボンベも持っていた)、数年前にオークションで格安で手放したことを思い出した。悔しくて歯ぎしりしそうだ。目先の小遣いのために将来のことを考えない小市民の悲劇である。
水槽構築

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

| カントリー生活 | 22:25 | トラックバック:0コメント:0
「運命の書」ブラッド・メルツァー
 フリーメイソンとかジェファーソン第3代大統領が使った暗号とかの惹句に引かれて読んでみたが、中身は大統領暗殺未遂事件にかかわる若き補佐官のお話で、フリーメイソンが赤十字社でも船舶振興会でも話が通じるくらい関係がない。暗号も目印程度のことであまり意味がない。ワシントンの主要交差点がホワイトハウスを含めて五芒星を描いているらしいが、皇居と国会議事堂と国立劇場、丸ビル、帝国劇場をつないでも同じ形ができるので、あれもやはりフリーメイソンの仕業だろうか。

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

| カントリー生活 | 21:11 | トラックバック:0コメント:0
国際交流協会理事会
 年末でクリスマスで金曜日の今日、国際交流協会の理事会が開かれた。出席者は8名の理事中3名、オブザーバを含めて6名の寂しい会議だった。事務局長としては慙愧にたえないところである。
 議題は、在住外国人招待ニューイヤーバーティ主催についての可否。市長が乗り気らしいが、段取りを整えるこちらの身にもなってほしいものだ。
 この会議で最も苦労したのは、閑散とした会議室をいかに活気ありそうに撮るかだったりして。
s-IMG_0860.jpg

| 行政書士事務所開設プロセス | 21:07 | トラックバック:0コメント:0
食后で飲むぱうガハハです。
 書類を整理していると、友人から貰った中国のお土産の減肥茶のパッケージが出てきた。華龍というお茶だが、「ちょっど太ってハろ方ぱ毎日六包分を飲んでもハハです。」とか「食后で飲むぱうガハハです。」とか、読んでいて楽しい。反面、われわれが書く英文もこんな調子だろうと反省する。
 よく読むと、スキャナで文字認識したようで「いい=ハハ」「下げる=下ドる」などは認識結果でよく目にする。それにしても製品化する前に日本人に確認してほしかったが、小沢さんもこんな国を相手にして大丈夫だろうか。
減肥茶

テーマ:最近のお気に入り - ジャンル:趣味・実用

| カントリー生活 | 22:53 | トラックバック:0コメント:0
「ゆたぽん」を購入する
 年末を迎え、懐だけでなく足も冷たいので湯たんぽを導入することにした。電気あんかはコードが邪魔だし、ずっと通電していては低温火傷しそうだし、ということで湯たんぽにしたのだが、これにも充電式や蓄熱式、従来の湯たんぽなどさまざまである。
 価格と7時間持続という謳い文句で「レンジでゆたぽんLサイズ」という蓄熱式にしたのだが、電子レンジで表裏約10分温めなければならない。電気代を考えていなかったのが目先のことしか考えていない小市民の常である。

テーマ:最近のお気に入り - ジャンル:趣味・実用

| カントリー生活 | 23:04 | トラックバック:0コメント:0
建設業免許更新あえなく沈没
 来年2月に更新期を迎える建設業の更新手続きのため県建設局に出向いた。満を持しての申請であったが審査数分後にあえなく沈没した。
 昨年の改正から「建設業の許可票」を撮影して添付しなければならなくなっただが、件の建設業は10年前から同じものを飾っており、それに気づかず添付したのが敗因である。
 文書であれば訂正なり差し替えなりその場で出来るのだが、こればかりはどうしようもない。すぐに作りかえることも出来ないので、PhotoShopでなんとかと馬鹿なことを考えていると、来月中にだすことで同意してもらった。次の構想はクラフトロボの出動である。
建設業表示票


テーマ:お仕事記録 - ジャンル:就職・お仕事

| 行政書士事務所開設プロセス | 23:43 | トラックバック:0コメント:0
「弥勒世(みるくゆー)」馳 星周
 どうも最近は読書づいて、つい仕事を先延ばしにしてしまう。これを読んだら仕事にかかろうと思うのだが、すぐに次の本に目がいく。図書館だからつまらなくても懐は痛まないし、時間を無駄にするばかりである。
 返還前の沖縄を舞台にした、アメリカに一矢を報いようとする男たちの物語である。米軍の沖縄での乱暴狼藉にも立ち上がらない南国気質の「うちなーんちゅ」が沖縄返還交渉時の約束をことごとく反故にされて、怒りが徐々に引火点に達する様子を鮮やかに描いている。

テーマ:読書 - ジャンル:小説・文学

| カントリー生活 | 23:15 | トラックバック:0コメント:0
「収穫祭」西澤保彦
作者は、青少年向けの本格SF的ミステリを主体とした作家だが、本作は大人向けスプラッタ趣味のミステリである。謎解きのようなトリックはないが、犠牲者の数が30人近くでるということで、関連性にある意味頭を使わなければならない。酸鼻を極める事件のなかで、掛け合い漫才のような台詞が散見されるが、このへんが西澤保彦のフィールドであろう。それにしても警察の動きが全然ないのが気にかかるのだが。

テーマ:ミステリ - ジャンル:小説・文学

| カントリー生活 | 20:50 | トラックバック:0コメント:0
密室キングダム
 心理的密室だの見破らせるためのトリックだの、大技小技がてんこ盛りの密室だらけの大作である。少ない登場人物で923ページまで読者を引っ張るのは容易ではない。事件の解決に多少掟破りなところはあるが、そうでもしないと迷宮入りになってしまう。自分が犯人ならいろんな小細工を弄せず、さっさと逃亡してしまうのだが。

| カントリー生活 | 23:12 | トラックバック:0コメント:0
一家に1台太陽光発電
 関与先の電気工事会社から、個人住宅の太陽光発電システムを受注したことによる補助金申請の打診があった。
 調べてみると、当地方は県も市も補助金を出していないので、国からの補助金しかないことが判明した。補助額は1Kw当たり7万円である。大体3Kw程度の設備が標準なので21万円が補助金となる。となると報酬はせいぜい数千円である。社長によると3月までにあと2件でてくるとのことなので、爆発的な売れ行きを祈るばかりである。写真は我が家の太陽光システムである。
我が家の太陽光システムである。
| 行政書士事務所開設プロセス | 23:06 | トラックバック:0コメント:0
今年は簡単、タイヤ交換
雪の中、タイヤ交換を行った。この地方は、いったん雪が降るとスタッドレスタイヤなしでは安心して走ることが出来ないのである。
 昨日買った特価の油圧式ジャッキが輝いている。おかげで時間が3割くらい短縮できたようだ。車体の下にタイヤを敷くという基本を忠実に守っているのが自慢である。
 ただし、これからガソリンスタンドまで恐る恐る運転し、最終的なチェックを受けるまで安心できない。5千円もするトルクレンチを買って自宅でチェックするのが夢である。
s-IMG_0856.jpg
| カントリー生活 | 22:40 | トラックバック:0コメント:0
活気あふれる事務室
 建設業法で、免許申請や更新をする場合には建物の看板や事務室の写真を添付することになっている。今日お訪ねした会社は業績も上向きだが、書類を片付ける暇もないほど忙しいのだろう。なにより事務室が印象的である。ここは社長席で、写真の右側にも机が3脚並んでいるのだが、同じように書類が溢れている。自分の事務所も整理しなければと思っていたのだが、これをみるとまだまだ大丈夫だと楽観してしまう。
事務室

| 行政書士事務所開設プロセス | 22:41 | トラックバック:0コメント:0
夢を砕いたセブ○イレ○ン
 時々会議で顔を合わせる税理士が、「顧問先の商店が法人化を予定しているので、手続きをしてほしい」と持ちかけてきた。株式会社を設立するには、最低24万円(定款5万円、印紙4万円、登録免許税15万円)、手間も相当かかるため交渉しだいではちょっとした報酬が見込める。
 電子定款にすれば印紙の4万円が節約できるのだが、電子認証登録が今年の5月に切れているので、2万円払って改めて登録しなければならない。
 電子認証再登録の準備を進めていたところ、件の税理士から「あれはもう法人化していたようだ」と連絡があった。
 商店はすでに法人化していたのだが、フランチャイズ契約を法人に移行するか個人で行うかの違いによる節税対策を税理士に頼んでいたらしい。
 それを税理士が勘違いしてしまったのだ。とんだぬか喜びである。もう少しで電子認証再登録をするところだった。前回の登録も電子認証専用ソフト代や登録料で大損している。こうなったら自分で会社を作ろうかとやけくそになっている今日この頃である。
匿名の有名コンビニ店
| 行政書士事務所開設プロセス | 23:21 | トラックバック:0コメント:0
パワーランチで不況克服
 先日、監査役を務めている第三セクターの取締役会があった。郷土芸能などを活用した娯楽施設なのだが、このところの不況と新型インフルエンザで集客状況が芳しくない。
 会議は年4回あるのだが、楽しみにしている昼食のレベルが徐々に下がっているように思うのは、自分の舌が肥えてきたせいだろうか。
 他の取締役が席に着く前に盗撮しようとしたため、ぶれているのが小心さと卑しさを表している。
豪華さに手が震える昼食盗撮

テーマ:お仕事記録 - ジャンル:就職・お仕事

| 行政書士事務所開設プロセス | 21:57 | トラックバック:0コメント:0
張子のトラならぬブリキの虎
 弟が缶ビールの空き缶で作った虎のクラフト(写真)を送ってくれた。ペーパークラフトの台紙を参考に切り抜いて作ったようだ。黄色の地色にヒントを得たようだが、いっそ裏側を使って銀色のトラがよかったような。正月までに2~30体作らせてネットでで売りさばきたいものだ。
ブリキのトラ

テーマ:私のハンドメイド報告 - ジャンル:趣味・実用

| ペーパークラフト | 22:22 | トラックバック:0コメント:0
「バチカン奇跡調査官」藤本 凛
 世界中のキリスト教の奇跡について真贋を調査するローマ法王庁の神父の活躍を描くものである。
 数々の奇跡を科学的に解明する日本人の平賀神父が主人公だが、青少年向けの小説らしく、読みやすさに重点を置いているようで、人物描写が少なく、食い足りない一品である。タイトルは魅力的なのだが。アマゾンの書評に「途中から意地になって読んだ」とあるが、同感である。

テーマ:ミステリ - ジャンル:小説・文学

| カントリー生活 | 21:37 | トラックバック:0コメント:0
「警官の血」佐々木譲
 三代40年にわたり連続殺人事件を捜査したスチュワート・ウッズ「警察署長」と潜入捜査を描いた映画「無間地獄」を足したような警察小説である。
 物語の軸となる殺人事件の犯人は、途中からおおよそわかってくるのだが、それより三代の警官一家、駐在所のお巡りさんとして職務を全うしようとする父、その父に倣いながら警官になったものの潜入捜査で精神に変調をきたす息子、警官としての素質を見出され監察のスパイとして上司の犯罪を暴き白眼視される孫などが鮮やかに活写されており、大河小説として読み応えのある小説である。

テーマ:ミステリ - ジャンル:小説・文学

| 未分類 | 21:27 | トラックバック:0コメント:0
宝くじ補助金の後始末
 地域整備の補助金として、宝くじの収益金を充てる事業があるが、地元の地域振興会が応募して採択された。
 当事務所は、事業計画や予算案の書類を作成したのだが、いちばん苦労したのがステッカーである。
 購入した備品はこの「宝くじは豊かさ築くチカラ持ち」という金太郎のステッカーを貼らなければならないのだ。自作する場合、色や余白に指定があり、そのうえ屋外使用のため防水が必要なのでひじょうに面倒なのである。
 とはいえ、行政書士はこの面倒さを引き受ける隙間産業なので避けて通るわけにはいかない。早速高価な防水シールを購入してステッカーを作成した。この防水シールは、透明ビニールの裏側に印刷して、その面に両面テープを張り合わせて貼り付けるようになっている。紫外線にも強いらしい。
写真のチェンソーは、森林の間伐作業初日に使い方に慣れていない村人が無理やり樹木に押し付けてチェーンがバラバラになったそうだ。この写真が遺影である。
初日に逝ってしまったチェンソー

テーマ:お仕事記録 - ジャンル:就職・お仕事

| カントリー生活 | 23:12 | トラックバック:0コメント:0
ミスフォーチュン ウェズリー・ステイス
貧民屈で貴族に拾われ、女として育てられた青年の数奇な運命を描く。リボンの騎士の逆バージョンである(ちょっと違うが)。はるな愛に口ひげをつけるとイメージしやすい。
 女性として育てる父親の屈折した心理・トラウマなどが克明に描かれ、また領地を乗っ取ろうとする親戚の意地悪さがステレオタイプなので、予定調和でわかりやすい。
 ミスフォーチュンは、もちろんMiss Fortune(幸運の娘)とmisfortune(不幸)のもじりである。

テーマ:読書 - ジャンル:小説・文学

| カントリー生活 | 23:14 | トラックバック:0コメント:0
親戚から仕事が
 隣町に住む従兄弟から頼みごとがあると呼ばれたので、いそいそと出かけていった。田舎なので相続か農地転用かと思ったのだが、仕事は土地探しだった。山の中に所有地があるのだが位置が特定できないのである。
 現在、国では国土調査といって、全国くまなく境界線を確定する作業を行っている。とはいえ、山の中までその調査が及ぶのは相当先のことである。所有者さえ代替わりしてどこが自分の土地かわからないでいることも多い。
 地元の当事者が探してわからないものを、こちらで探せるわけもないのであるが、鳩山総理なみの答弁で、じっくり時間をかけて調査することとした。
 相当の謝礼を期待していたのであるが、帰りに到来物のお酒を1本貰っただけだった。自分では飲まないので、数時間後に別の酒呑みに貰われていった。仕事のモチベーションは下がる一方である。
銘酒 大號令

テーマ:お仕事日記☆ - ジャンル:就職・お仕事

| 行政書士事務所開設プロセス | 22:36 | トラックバック:0コメント:0
30倍レンズを入手
行きつけの雑貨店「ダイソー」で30倍ルーペを見つけた。数ある百円レンズとは比べようもない高級レンズである。
30倍というから、1ミリのものが3センチの大きさに見えるのである。しかし立派なケースに覆われていてその真価は買ってみないとわからない。
 結論からいうと、また騙された、である。0.3ミリのシャープの芯を凝視したが、1センチの太さに見えることはなく、せいぜい1ミリ程度である。肉眼を近づけたほうがましかもしれない。
いったい何をもって30倍というのか。いまでは収益率だということを確信している。
30倍レンズ

テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

| カントリー生活 | 21:24 | トラックバック:0コメント:0
今年も年賀状の季節が
 2年前に、町内のお年寄りから年賀状の宛名書きを頼まれた。その当時はまだ行政書士としての仕事が少なく(今でもそうだが)、二つ返事で引き受けたのだが、報酬額の設定に困って千円で請け負った。昨年も同じように依頼があったのだが、気の毒がられて3千円くれたので、つい嬉しくなって、3千円もらえるのなら来年は裏も引き受けます、と言ってしまった。
 今年は、無地の年賀状と宛名リストを預かって、インクのコストを気にしながらの作業となった。ただ、毎年枚数が減っており、人生の無常を感じる年の瀬である。
年々減ってく年賀状
| 行政書士事務所開設プロセス | 21:31 | トラックバック:0コメント:0
電光石火の総務省
 先日、アマチュア無線局の再免許が下りたのだが、電波も出さないうちに電波使用料の請求書がきた。こんなものは事業仕分けで即廃止になったと思っていたのだが。
 何年か前に、放置していたら差し押さえの可能性がありますという督促通知がきた。当時は金額が500円だったので、何を差し押さえるのが興味があり裁判所の赤紙を待っていたのだが、家族が泣いてやめてくれというので、こちらも泣きながら払った覚えがある。さて今年はどうしようか。
s-IMG_0766.jpg
| カントリー生活 | 23:09 | トラックバック:0コメント:0
レッドビーシュリンプその後
我が家の堀稚エビが、親とのツーショットがないと寂しがるだろうと思い、記念に撮ったものの被写界深度が浅すぎて親がぼけてしまった。1センチも離れていないのだが、接写で撮るのは難しい。もっとも稚エビもぼけているが、これはレンズの解像度のせいである。接写で広角のいわゆる「虫レンズ」を作りたいのだが、接写レンズに虫メガネを嵌め込むような技術力ではいかんともしがたい。
親とのご対面

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

| カントリー生活 | 21:06 | トラックバック:0コメント:0
スリーピング・ドール
先月読了した「リンカーン・ライム」シリーズに登場したキャサリン・ダンス捜査官のスピンオフ作品である。
ダンスは、被疑者のちょっとした動作で嘘を見抜くキネシクス(ボディランゲージ分析)能力に長けており、目を伏せただけで嘘をついているとわかったり、頭を掻いただけで照れていると分析することができるのだ。
 ストーリーは、富豪一家を惨殺したカルト集団のリーダーが、職業柄得意とする人心掌握術を駆使して逃げ回る中、ダンス捜査官が関係者を心理分析して追いかけるというサスペンスものである。
 539ページ2段組ながら冗長さを感じさせない展開で、時間さえあれば一気に読みきることの出来る快作である。



テーマ:ブックレビュー - ジャンル:小説・文学

| 未分類 | 18:49 | トラックバック:0コメント:0
よかった、今日も月は無事だった「ムーン・パニック」
 昨夜、NHK衛星で「ムーン・パニック」を観た。ドイツ・カナダの合作テレビドラマで、月に地球の2倍の質量を持つ隕石がめり込み、その結果、月が地球に落ちてくるというお話である。
 「ハルマゲドン」と「2012」と「妖星ゴラス」を足して水で割ったようなストーリーだ。つきに見放されているのが自分だけではないと知って、すこし元気がでてくるドラマである。月の引力でタンカーが浮かぶ映像が、六角大王でも描けそうだったのがご愛嬌である。s-画像 046

テーマ:TV番組 - ジャンル:テレビ・ラジオ

| 未分類 | 21:38 | トラックバック:0コメント:0
| ホーム | 次ページ

プロフィール

hal8999

Author:hal8999
田舎の行政書士です。暇にあかせてとペーパークラフトにはまりたいと思っていますが、地域の衰退が心配で報酬もないのにあちこち顔を出しています。

ホームページもどうぞ。

クレーンゲーム

東急ハンズです。参考になります。

最近の記事
最近のコメント
カレンダー

11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
ご覧いただきありがとうございます。

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。